本文へ移動

タフネス防水の特徴

『タフネス防水』の優れた特性

  タフネス防水は業界に先立って、ゴムアスファルトシート(改質アスファルトシート)と改質アスファルトの張付け材を組み合わせることにより、アスファルト防水の優れた防水機能を保持しながら、単層による防水を可能にした省エネ型の防水仕様です。

特徴

   タフネス防水は、防水層が使用される厳しい条件を考慮して様々な試験を行い、その優れた耐久性を
 確信しております。
 防水層の「強さ」と「伸び」のバランスに優れるタフネス防水は、「下地の動き」「寒暖の差」、
 「環境汚染物質」など、様々な条件のもとで安定した性能を維持する防水仕様です。
 
   防水層は様々な薬品、温泉水等に曝されるケースも多く、その抵抗性が重要になります。
 タフネスシートは長時間浸漬しても物性の変化がほとんど無く、優れた耐久性を有します。
 

抗張積が大きい

    下地の動きに対する追従性については抗張積(強さと伸びを掛けた数値)が重要になります。
  タフネス防水層は強さ、伸びのバランスに優れ、一般アスファルト防水層と比較して非常に大きな抗張積
  を有しています。

タフネス防水材の 「JIS A 6013 」

    改質アスファルトルーフィングシートにおける位置づけ
 
  JIS A 6013は、熱工法、トーチ工法、接着工法、粘着工法のすべての防水工法に用いられる改質アスファル
 トルーフィングシートが対象とされており、ルーフィングとしての基本物性と防水層の形成に必要な基本性能
 を規定した内容となっております。
 種類としては、材料構成による分類「R種・N種」、温度特性による区分「Ⅰ類・Ⅱ類」、用途による区分と
 して「露出単層防水用・露出複層防水用・非露出単層防水用・非露出複層防水用」が規定されております。

張付け用改質アスファルト(フジシールⅡ号)

フジシールⅡ号の特徴

 いつまでも柔軟性を保ちます
 
 フジシールⅡ号は通常の防水工事用アスファルトとは異なり、劣化硬化がほとんど無く、いつまでも
 柔軟性保ち、地下の動きに対して充分に追従します。
 
 ※80℃に静置0~24週間
  臭気強度が小さい 
 
 フジシールⅡ号は防水工事用アスファルトと比較しても臭気が少なく、環境への影響を軽減できる
 張付け材です。
 
 「三点式比較臭袋法」による試験実施機関:(一財)化学物質評価研究機構
TOPへ戻る