ホーム > 製品案内

「タフネス防水」の優れた特性

タフネス防水は当社が業界に先立って、ゴムアスファルトシート(改質アスファルト)と改質アスファルトの張付け材を組み合わせることにより、アスファルト防水の優れた防水機能を保持しながら、単層による防水を可能にした省エネ型の防水仕様です。

防水層は様々な薬品、温泉水等に曝されるケースも多く、その抵抗性が重要になります。タフネスシートは広範囲の薬品に対して長時間浸漬しても物性の変化がほとんど無く、優れた耐久性を有します。



試験データから分かる様にタフネス防水は加熱、アルカリ等に対して性能の変化が小さく、優れた防水機能を維持します。


抗張積が大きい

下地の動きに対する追従性については抗張積(強さと伸びを掛けた数値)が重要になります。タフネス防水層は強さ、伸びのバランスに優れ、一般アスファルト防水層と比較して非常に大きな抗張積を有しています。




※0℃で測定、防水シート長手方向の試験結果です。


促進暴露試験(キセノンランプ3000時間)でも大きな変化はありませんでした。
試験実施機関:(財)建材試験センター

※SSS 30による試験。防水シート長手方向の試験結果です。